2013年05月14日

ドアバイザー

車をもっていない人は、「何それ?」って思う人も結構いると思いますが、
ドアバイザーとは、車のドアの上についてるプラスチックのカバーの事です。

当たり前のようにどの車にもついてるし、
もともとついているものと思っていました。

しかしマイカー購入の為、車屋に行ってみると新事実発覚。
オプションでつけるらしい。
しかも、車屋さんが言うには、つけといた方がいいとのことですが、
けっこういい値段で約2万。

はっきり言って、プラスチックでしょばいし見た目もダサい。
なによりすっきりしてない。

ということで、どんなメリットがあるのか調べてみたところ、
タバコ吸う時、雨の日に換気する時などでした。

非喫煙者なので特にメリットはないみたいです。
雨の日に換気なんてよっぽど臭いオナラをしたときくらいだろうし、
それはそれでいい気がします。

禁煙した人はアレを外すんでしょうか。

謎です。
posted by キンエン at 10:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてm(_ _)m

たしかに、あれって煙草吸う時以外必要ないですよね( ̄▽ ̄;)

雨の日に窓なんて開けないですし…。

俺も、今度お店に行った時聞いてみます。
Posted by 佐山真琴 at 2013年05月17日 10:31
佐山さん、はじめまして。

ですよね〜。
いつのまにかスタンダードになってますよね。

メリットがあるのは喫煙者と車屋さんだけじゃないかと思います。
Posted by キンエン at 2013年05月18日 17:26
気付きませんが、良く考えたらいらないだろ!!
っていうオプションはたくさんあるんでしょうね。(車に限らず。)

それだけ、一昔前は喫煙者中心の世の中だったのかもしれませんね。
Posted by 佐山真琴 at 2013年05月22日 13:03
ホントそうですよね。

近鉄電車の特急の喫煙車両とか。

Posted by キンエン at 2013年05月24日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。